掲載日: 文章:Clipee運営局

【オリックス】新外国人に明暗!コーク3回途中5失点KO、ロメロはマルチ安打!

4月1日、オリックスバファローズは京セラドーム大阪で東北楽天ゴールデンイーグルスと2回戦を行い、4-13で大敗を喫した。オリックス先発は新外国人投手のコークだったが、3回途中5失点とほろ苦いデビューとなった。

コークは5失点KOもロメロは来日初安打初打点

新外国人選手に明暗が分かれた。先発のコークはオープン戦で18.2回を投げて防御率0.96と抜群の安定感を見せて開幕ローテーション入りを掴み取ったが、シーズン初登板では思うような投球ができなかった。初回こそ無失点で切り抜けたものの、2回以降は5安打で5失点でKOされ来日初登板はほろ苦いものとなった。

対して四番右翼でスタメン出場したロメロは、2回の第1打席で来日初安打を記録すると、6回の第3打席では左翼への適時打を放ち、初打点も記録。前日の開幕戦では楽天投手陣の前に5打数無安打だったが、この日は本来の打撃を見せマルチ安打と活躍した。吉田正尚が不在の中で主軸としてチームを支える働きが期待される。

【オリックス】コークが初先発!メジャー通算409試合登板も先発は15試合

こちらの記事も読まれています

新着記事