掲載日: 文章:Clipee運営局

【日本ハム】大谷が今季初の3安打猛打賞!栗山監督「説教します」

4月1日、北海道日本ハムファイターズは札幌ドームで埼玉西武ライオンズとの2回戦を行った。日本ハムは大谷翔平、近藤健介の3安打猛打賞や西川遥輝の一発など10安打で3-1と快勝した。

前日の2安打に続いて3安打で打率は6割越え

三番指名打者でスタメン出場した大谷は初回、2死走者なしで打席を迎えると、西武先発野上亮磨から二塁への内野安打を決めた。西川の本塁打で1点を先制して迎えた第2打席では左翼フェンス直撃の二塁打を放ち、近藤の中安打で本塁に生還した。第3打席では空振り三振に倒れたが、第4打席では左翼へ安打を放ちこの日3安打。今季初めての猛打賞を記録した。

これで開幕してから8打数5安打といきなり絶好調だが、栗山英樹監督は不満顔だ。第1打席で快足を飛ばして内野安打を決めた際にケガをしている右脚でベースを踏んだ場面について「明日説教します。やってはいけないこと」と話した。WBCを辞退する原因となった走塁だけに、指揮官も厳しくチェックしていくつもりのようだ。

日ハム投手陣が好投! 西川が第1号本塁打に大谷は3安打と活躍

キーワード

新着記事