掲載日: 文章:Clipee運営局

上林の同点ソロホームランに内川の決勝タイムリーでソフトバンクが逆転勝ち!ソフトバンクはロッテに開幕3連勝

4月2日、ヤフオクドームで開催されている福岡ソフトバンクホークス対千葉ロッテマリーンズの第三戦は、7回に上林の今季第1号となる同点ソロと内川の決勝タイムリーでソフトバンクがロッテに逆転勝ちをした。ソフトバンクはこれで開幕三連勝とV奪還にむけ最高のスタートをきった。

スタメン起用に応える若手上林の一発には内川の助言が…

ソフトバンクが東浜、ロッテが唐川の両先発で開始したこの試合、先制点はソフトバンクがあげた。
ソフトバンクは2回、この回先頭の内川がレフトへの今季第1号ホームランを放ち1点を先制した。さらに続く3回には柳田のセンターへのタイムリーヒットも飛び出し1点を追加して2-0とリードを広げた。

追いつきたいロッテは、5回に今日スタメン器用された平沢がセンター前へしぶとく運ぶ同点タイムリーを放つと、続く6回には、ダフィーの犠牲フライで逆転に成功した。

逆転を許したソフトバンクは7回裏、一死から開幕からスタメン起用されている上林がライトスタンドへ運ぶソロホームランを放ち同点とすると、内川の逆転タイムリーも飛びだし、3点を奪い試合をひっくり返した。

ソフトバンクは9回をサファテが三者三振でロッテを抑え、開幕三連勝を飾った。

同点のホームランを放った上林は「内川選手からアドバイスを受け、気楽にいけました」とコメントを残している。
また、最終回をきっちりと抑えたサファテは、本日のセーブで、外国人最多セーブ記録を更新した。

【ソフトバンク】上林が貴重な同点ホームラン! スタメン起用に応える今季第1号

こちらの記事も読まれています

新着記事