掲載日: 文章:Clipee運営局

【ソフトバンク】内川が2安打3打点1本塁打の活躍で開幕3連勝!

4月2日、福岡ソフトバンクホークスはヤフオクドームで千葉ロッテマリーンズとの3回戦を行い、5-3で勝利した。侍ジャパンの一員としてWBCに出場していた内川聖一が先制の今季1号本塁打を放つなど2安打3打点と活躍した。試合は7回に3点を奪ったソフトバンクが開幕3連勝を決めた。

今季チーム1号となる先制ソロホームラン

待望の、今季チーム初ホームランだった。同点で迎えた2回裏、先頭で打席に入ると、ロッテ先発
唐川侑己の4球目のカーブをとらえると、打球は左中間のテラス席に飛び込む今季9打席目にして飛び出た一発だった。

第2打席では一邪飛、第3打席では中飛に倒れていたが、7回の第4打席では2死一、二塁から勝ち越しの適時二塁打を中堅に放った。この日は、4打席で2安打3打点と主軸としての役目を十分に果たしお立ち台では一発について「ベンチのみんなの気持ちと、ファンの皆さんの気持ちを借りて打たせてもらった一打だと思います」と周囲への感謝を口にしていた。

上林の同点ソロホームランに内川の決勝タイムリーでソフトバンクが逆転勝ち!ソフトバンクはロッテに開幕3連勝

キーワード

新着記事