掲載日: 文章:Clipee運営局

田中広輔 が4安打と爆発!投打の噛み合った広島が阪神に完勝

4月2日、マツダスタジアムで開催された広島カープ対阪神タイガースの第三戦は、投打が噛み合った広島が阪神に勝利した。

田中広輔が4安打・先発の九里が6回1失点の好投

試合は広島は九里、阪神が能見の両先発で開始した試合は、初回から広島の「タナ・キク・マル」が本領を発揮した。
広島は初回、先頭の田中がヒットで出塁すると、続く菊池がレフトへのタイムリー、丸がライトへのタイムリーを続け2点を先制した。

反撃にでたい阪神は3回、糸井の今季1号となるソロホームランで1点を返したが、その裏、広島新井のタイムリー2ベースで2点を奪われリードを広げられた。

広島は7回にも丸がチャンスを作り、無死一二塁から鈴木のタイムリーなどで一挙5点を奪い試合を決めた。
広島は先発の九里が6回を6安打8奪三振と見事に今季初勝利を飾った。

【広島カープ】安部友裕のタイムリーで広島がサヨナラ勝ち! 阪神はドリスが踏ん張れず...

こちらの記事も読まれています

新着記事