掲載日: 文章:Clipee運営局

【巨人】大竹が7回途中3失点で今季初勝利!巨人が開幕3連勝!

4月2日、読売ジャイアンツは東京ドームで中日ドラゴンズと3回戦を行い、6-3で勝利した。巨人の先発・大竹寛は7回途中3失点と好投し、今季初勝利を挙げた。中日は先発・吉見一起が誤算で逆転負けを喫し開幕3連敗。

7回に被弾し降板も無四球で今季初勝利

要所を締める粘りのピッチングだった。初回、先頭の大島洋平にいきなり中前打を許すと、四番ビシエドの右翼二塁打で先制点を与えてしまう。さらに4回、中日の新外国人助っ人のゲレーロに来日初本塁打を許し2点目を失う。しかし、その裏に阿部慎之助の適時打などで同点に追いつくと、その後は安打を許しながらも無失点に抑える。すると、6回裏に代打亀井善行の適時打などで試合をひっくり返し、大竹に勝利投手の権利がつく。

しかし7回、平田良介にソロ本塁打を浴び、続く遠藤一星に二塁内野安打を浴びたところで降板した。この日は7回途中7安打2本塁打と苦しんだが、無四球と無駄の走者を出さずに粘りのピッチングで、今季初勝利を呼び込んだ。

巨人が2年連続の開幕3連勝!6回の集中打で2試合連続の逆転劇

キーワード

新着記事