掲載日: 文章:Clipee運営局

カブス・上原浩治は開幕戦で初登板…1回無失点の好投を見せる

カブス・上原浩治は開幕戦で初登板…1回無失点の好投を見せる
photo by Gettyimages

現地時間4月2日にセントルイスのブッシュスタジアムで行われたセントルイス・カージナルス対シカゴ・カブスの一戦で今シーズンからカブスに加わった上原浩治が初登板を果たした。また、ナショナルリーグのチームでの出場はメジャー初となっている。

1回無失点も26球を要する…

0-1と1点ビハインドの7回裏にマウンドに登った上原は先頭のデクスター・ファウラーに四球を与えると2死後にはジョニー・ペラルタ安打を許し2死一、二塁のピンチを招く。しかし、この日2安打と当たっていたヤディアー・モリーナを二ゴロに仕留め無失点で切り抜けた。結局この日の上原は1回無失点、被安打1、与四球1、奪三振0(26球)の投球内容。無失点に抑えたものの球数は多く本来のできとはいかなかったようだ。

今後も、上原は7回、8回の1イニングを任される起用法が濃厚。この日はビハインドでの登板となったが、次回登板で勝ち試合の終盤を抑えることに期待したい。

カブス・上原が大体大の後輩・菅原を激励

キーワード

関連ニュース / コラム

こちらの記事も読まれています

新着記事