掲載日: 文章:Clipee運営局

乱闘騒ぎで退場処分も!レンジャーズ強打の二塁手・ルーグネッド・オドーア【海の向こうの凄いやつ】

ベネズエラ出身らしく陽気な性格で攻守にわたり気分に左右されるのがルーグネッド・オドーア(テキサス・レンジャーズ)だ。今シーズンもダルビッシュ有の後ろを守る強打の二塁手でもある。

名前:ルーグネッド・オドーア(Rougned Odor)
国籍:ベネズエラ
生年月日:1994年2月3日
守備:内野手
投打:右投左打
所属:レンジャーズ
年俸:56万3,180ドル(2017年)
2016年成績:150試合/打率.271/33本/88打点
通算成績:384試合/打率.265/58本/197打点
※2016年終了時点

2011年にレンジャーズと契約したオドーアは2014年にメジャーデビューを果たし114試合に出場。以降、レンジャーズの二塁に定着し昨シーズンは150試合で打率.271、33本塁打、88打点と長距離砲としての才能を開花させた。しかし、エラーも多く22個の失策は二塁手においてリーグワーストの数字だ。

オドーアは昨シーズン、ホセ・バティスタ(トロント・ブルージェイズ)との乱闘騒ぎで退場処分を受けた。このシーンで見せたオドーアの殴打シーンはたびたび紹介されている。

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)ではベネズエラ代表として出場し打率.263、2本塁打、4打点と国際試合でも長打力を見せてくれた。今シーズンの開幕戦でも複数本塁打を放つなど長打力をますます見せてくれそうだ。

こちらの記事も読まれています

新着記事