掲載日: 文章:Clipee運営局

【東都大学野球連盟】亜大・高橋遙人が7回1失点で専大を抑え開幕白星スタート!

4月4日、明治神宮球場で東都大学野球が開幕、第1週第1日第2試合に亜細亜大学対専修大学の試合が行われ亜大が専大に5-1と勝利した。

ドラフト候補対決は亜大・高橋遙人に軍配

亜大の先発、ドラフト注目の高橋遙人は7回を被安打8、与四死球3と走者を背負うことが多かったものの粘りの投球を見せ1失点に抑えリリーフに後を託した。後を受けた山城大智が2回を無失点に抑えている。専大の先発もドラフト候補のアンダースロー高橋礼。高橋礼は7回途中まで投げ被安打7、与四球7と亜大打線に捕まり5失点でマウンドを降りた。

亜大打線は高橋礼から走者を出すものの得点を奪えなかったが1-1の同点で迎えた7回に4点を奪い5-1と勝負を決めた。亜大は長打が1本もなく9本の単打、8四死球で得た走者を効果的に得点につなげることに成功している。専大打線は亜大の9安打を上回る10安打を放ったものの好機をを生かすことができずに1得点に終わった。

亜大は昨春以来の優勝を目指し好スタートを切った。

【東都大学野球連盟】昨秋王者の日大が敗れる!中大・鍬原がリーグ戦初完封

こちらの記事も読まれています

新着記事