掲載日: 文章:Clipee運営局

阿部の2ランホームランなどで終盤に4点を奪い4連勝を飾る!DeNAは今永が好投も中継ぎ陣が崩壊

4月4日、横浜スタジアムで開催された横浜DeNAベイスターズ対読売ジャイアンツの試合は、今永・菅野の両先発が好投し均衡した展開になるも、終盤に巨人が集中打で4点を奪い勝利した。巨人はこれで開幕4連勝となった。

阿部が4戦3発と大暴れ!今日も試合を決める2ランホームランを放つ

DeNAは今永、巨人が菅野の両先発で開始された試合は、巨人が先制点をあげた。
巨人は3回、ここまでヒット1本に抑えられていたDeNA今永が四球2つで作ったピンチに坂本のセンターへのタイムリーヒットで1点を先制した。
先制を許したDeNAは、その裏、二死一二塁からロペスがレフトへの同点タイムリーを放ち1-1と試合を振り出しに戻した。

巨人は3回以降、今永を攻略することができず追加点を奪えたのは8回。
この回からマウンドに上がった三上を攻め、一死二塁から立岡がレフトへの勝ち越しとなるタイムリー3ベースを放ち1点の勝ち越しに成功すると、続く坂本もタイムリーを放ち1点を加えた。
さらに阿部がライトスタンドへ運ぶ2ランホームランで2点を追加し5-1とリードした。

巨人は、その裏、マシンンがロペスにソロホームランを許すも、最終回をカミネロが無得点で抑えDeNAに勝利した。

勝利した巨人は、これで開幕4連勝とし、4番の阿部は4戦で3本塁打で驚異的な活躍を魅せている。

巨人が坂本勇人の先制タイムリーで1点を先制!

新着記事