掲載日: 文章:Clipee運営局

日ハムは近藤の連続タイムリーなどでロッテに完勝!ロッテは中継ぎが炎上し泥沼の4連敗

4月4日、ZOZOマリンスタジアムで開催された千葉ロッテマリーンズ対北海道日本ハムファイターズの試合は、終盤に集中打を見せた日ハムがロッテに勝利した。

ロッテ藤岡が炎上!ロッテは泥沼の4連敗

ロッテが石川、日ハムが高梨の両先発で開始した試合は、ロッテが初回に鈴木のセンターへのタイムリーヒットで1点を先制しスタートした。
先制点を許した日ハムは、2回、エラーで出塁したランナーを田中のタイムリーで返し同点に追いついた。

ロッテ先発の石川は3.4回とロッテを無得点に抑えるも、5回に日ハム近藤にタイムリーを許し1点の勝ち越しを許してしまった。
さらに、6回からは石川に変わり、藤岡がマウンドに上がるも、6回を無得点に抑えた後の7回に、一死満塁から近藤にタイムリーを浴びた。さらに藤岡からスイッチした東條もピリッとせず、大野にタイムリーを許し、この回4失点と日ハムのリードを広げてしまった。

日ハムは初回の失点以降、高梨・谷元・公文・石川・鍵谷と無失点でリレーを繋ぎロッテに勝利した。

日ハムは通算2勝2敗と星を対に戻したものの、ここまで3試合大暴れした「打者大谷翔平」はこの日4打数0安打2三振と快音を響かせることはなかった。

"打者 大谷翔平"が今季1号ホームラン!「上がり過ぎたけど…」

こちらの記事も読まれています

新着記事