掲載日: 文章:Clipee運営局

広島・野村祐輔が中日相手に7回1失点で球団最速の50勝到達!

4月4日、ナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズ対広島東洋カープの一戦は広島が2回、6回に集中打で7点を奪い7-1で勝利し開幕戦に敗れた後、3連勝。勝利投手となった広島の野村祐輔はプロ通算50勝目となった。

前田健太は122試合目での到達

野村は3回に代打溝脇隼人へ本塁打を浴びるが、それ以降は1安打に抑え7回、1失点、被安打4、与四球1、奪三振7(99球)と完璧な投球を見せた。昨季の初登板も同じナゴヤドームで若松駿太と投げ合い5.1回3失点で投げ負けており一年越しのリベンジを達成したことになる。

また、今シーズン初勝利は110試合目でのプロ通算50勝目となり球団史上最速となった。昨シーズン引退した黒田博樹氏(161試合)、ロサンゼルス・ドジャースの前田健太(122試合)を超えたことになる。昨シーズン16勝3敗と最多勝、最高勝率に輝き25年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した野村は今シーズンもやってくれそうだ。

広島が3・6回の集中打で中日に快勝! 広島の野村が7回1失点の好投

キーワード

新着記事