掲載日: 文章:Clipee運営局

カブス・上原浩治は1回無失点でカージナルス打線を封じる!

カブス・上原浩治は1回無失点でカージナルス打線を封じる!
photo by Gettyimages

現地時間、4月4日にブッシュスタジアムで行われたセントルイス・カージナルス対シカゴ・カブスの一戦で被すの上原浩治が開幕戦に引き続き終盤マウンドに登った。

特大のあたりを放たれるもホームランキャッチに救われる

2-1と1点リードで迎えた7回裏のマウンドに上原は登ると先頭のコルテン・ウォンに対しカウントを3-1と悪くするが5球目で二飛に仕留める。マット・アダムズに中堅へ特大の飛球を放たれるがアルバート・アルモラがフェンス際でホームランキャッチを披露。上原は味方の攻守に救われた格好だ。続く、デクスター・ファウラーはフォーシームで三球三振に仕留め無失点でマウンドを降りた。この日の上原は1回無失点、被安打0、与四球0、奪三振1の内容で開幕戦からの無失点を継続している。試合はそのままカブスが逃げ切り2-1でカージナルスを下しこのカード1勝1敗のタイとした。

開幕から2試合連続で無失点と好調の上原はセットアッパーの役割で2度目のワールドチャンピオンを目指す。

カブス・上原浩治は開幕戦で初登板...1回無失点の好投を見せる

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事