掲載日: 文章:Clipee運営局

ロッテ 鈴木の逆転2ランで今季初勝利!連敗4でストップ

4月5日、ZOZOマリンで開催された千葉ロッテマリーンズ対北海道日本ハムファイターズの第2戦は、主将・鈴木大地の逆転2ランでロッテが今季初勝利した。

試合は序盤から両チームのスコアが動く。
ロッテは2回表、日本ハム・石井の適時打で先制を許すも、その直後には先発加藤に4連打を浴びせて逆転する。しかし、日本ハムが3回に2点を奪い再び逆転すると、4回にも2点を追加。
6回には大谷の2号ソロで1点を加えてロッテは4回までに7点を奪われて大きくリードされる。

しかし、6回ロッテに再びチャンスが訪れる。
先頭角中が出塁すると、清田の適時二塁打でまずは1点を返す。さらに中田の悪送球により1点を加えて二三塁と尚もチャンスが続く。
ここで日本ハムは2番手谷元がマウンドに上がるが、2死満塁から四球で押し出し1点の計3点をあげて1点差に追いつくと、1点を追う7回には2死一塁のフルカウントから鈴木の2ランホームランで逆転。

終盤にきて1点を追う立場となった日本ハムが逆転を狙うも、大谷、益田が三者凡退無得点でしっかり抑えて7-6でロッテが待望の1勝目をあげた。

【ロッテ】西野勇士がソフトバンク戦で4年ぶりの先発登板! 開幕2連勝は許さない

関連ニュース / コラム

こちらの記事も読まれています

新着記事