掲載日: 文章:Clipee運営局

広島 9回鈴木の適時打で同点!中日は連敗は阻止するも初勝利逃す

5日、ナゴヤドームで開催された中日対広島の第2戦は、延長12回までに決着がつかず3-3で引き分けた。

9回、リプレー検証で広島が追いつく!

試合は、プロ初登板の広島・床田が初回から捉まり、ゲレーロの適時打で1点を先制される。しかしその直後、エルドレッドの2試合連続2号2ランで広島がすぐさま逆転した。

中日は5回、2死一三塁から平田の適時打で同点にすると、7回には1死三塁からゲレーロの犠牲フライで勝ち越し1点を追加。
このまま逃げ切りたい中日だったが、2-3で迎えた9回、1死一二塁塁の場面、鈴木がヒットを放つと、二塁走者が本塁へ生還を試みるもアウト判定。しかし、ここで広島がリプレー検証を要求。検証の結果は「タッチする前に足が入っていた」と判定が覆り、生還が認められ、どたんばで広島が同点に追いついた。

同点に追いつかれた中日は、9回1死三塁のサヨナラチャンスを得るもゲレーロ、ビシエドが倒れて延長に突入。

試合は延長12回まで続き、広島は1死一三塁から會澤がダブルプレーに倒れて絶好の機会を逃す。
中日も12回、1死一二塁の一打サヨナラの好機を得るが、荒木、代打の遠藤が続かず試合規定により12回までに決着がつかず。

4連敗中の中日は今季初勝利を逃してしまった。

広島・野村祐輔が中日相手に7回1失点で球団最速の50勝到達!

こちらの記事も読まれています

新着記事