掲載日: 文章:Clipee運営局

【東都大学野球連盟】亜大がサヨナラで専大に2連勝!開幕カードで勝ち点獲得

4月5日、明治神宮球場で行われた東都大学野球連盟春季1部リーグ戦「専修大学対亜細亜大学」2回戦は亜大が専大に6-5でサヨナラ勝ちを収め2連勝。開幕カードで幸先よく勝ち点を奪取した。

ドラフト候補の嘉陽は5回2失点

亜大の先発はプロ注目で今秋のドラフト候補でもある嘉陽宗一郎が先発。初回に1点を失い5回にも1点を失ってしまう。結局、5回を投げ2失点(自責1)、被安打5、与四死球3、奪三振2と本調子とはいえない投球だったがなんとか形を作った格好だ。試合は専大が初回に1点を先制するが亜大は3回に頓宮裕真の2点本塁打などで3点を奪い逆転に成功。その後、両チーム点を取り合い5-4と亜大が1点リードで迎えた9回表に専大が1点を追いつくが、その裏に再び頓宮が与サヨナラ適時打を放ち6-5でサヨナラ勝ちを収めた。

これで、亜大は2連勝とし開幕カードを奪い勝ち点を奪取し昨春以来2季ぶりの優勝に向けて好スタートを切った。

■東都リーグの試合結果はこちら

【東都大学野球連盟】亜大・高橋遙人が7回1失点で専大を抑え開幕白星スタート!

こちらの記事も読まれています

新着記事