掲載日: 文章:Clipee運営局

阪神・糸井が決めた!決勝特大スリーランで連敗ストップ!

4月5日、京セラドーム大阪で行われた阪神タイガース対東京ヤクルトスワローズの一戦は4-1で阪神が勝利し連敗を3でストップした。ヤクルトは中継ぎとして登板したルーキが誤算だった。

糸井の3ランで勝負を決める

阪神は初回にヤクルト先発の山中浩史を責め立て安打と四球で無死満塁のチャンスを作る。4番の福留孝介に期待がかかったが併殺に終わりこの回は1点しか奪うことができない。その後、両チームとも得点が奪えなかったが4回表に山田哲人が二塁打で出塁すると続くバレンティンが安打で山田を返し1-1の同点。

そのまま、試合は中継ぎ勝負となり7回裏のマウンドに上ったのは2年目のルーキ。先頭の梅野隆太郎に安打を許しその後、2死を奪ったが上本博紀を四球で出すと続く糸井嘉男が右翼スタンド上段へ飛び込む特大弾を放ち4-1と勝ち越しに成功。8回、9回はマテオ、ドリスが無失点に抑え逃げ切り勝ち。開幕戦以来の勝利を収めることに成功した。

阪神 7回、糸井の3戦連連発!勝ち越し3ランで阪神がリード

キーワード

新着記事