掲載日: 文章:Clipee運営局

日本ハム・大谷翔平がライナー性の本塁打!「完璧」

4月5日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテマリーンズ対北海道日本ハムファイターズの一戦は7-6でロッテが勝利し開幕からの連敗を4で止めた。日本ハムは敗れたものの大谷翔平がこの日も結果を残し打率.500を維持している。

2安打2打点も反省の色濃く・・・

大谷は初回の1死2塁のチャンスではスタンリッジの前に空振り三振に倒れたものの、3回表の第2打席では一塁に中島卓也を置いて右翼へ二塁打を放ちチャンスを拡大した。続く4回の第3打席は2死一、三塁の場面でロッテ2番手の藤岡貴裕から左翼フェンス手前に特大の犠飛を放ち役割をしっかりと果たしている。6回表二死走者なしの第4打席では大嶺祐太から右翼ポール際へライナー性の本塁打を放った。

5打席目は凡打に倒れたもののこの日の大谷は4打数2安打、1本塁打、2打点と打率.500をキープしている。大谷はこの本塁打に対し「完璧」と自画自賛した。一方で、9回表の最終打席に凡打だったことを「塁に出られれば違った展開になったかもしれない」反省のコメントを口にした。

日本ハム・大谷翔平が今季初のノーヒット!連続試合安打は3で止まる

こちらの記事も読まれています

新着記事