掲載日: 文章:Clipee運営局

【東都大学野球連盟】日大が猛打爆発で勝ち点獲得!プロ注目中大・鍬原拓也は2回4失点

4月6日、明治神宮球場で行われた東都大学野球連盟春季1部リーグ戦「中央大学対日本大学」3回戦は乱打戦の末に日大が中大を12-7で下し2勝1敗で勝ち点1を獲得した。

中大は9回に粘りを見せるも鍬原が誤算

1勝1敗で迎えた第3戦の先発は4月4日に行われた1回戦と同じく中大が鍬原拓也、日大が田村孝之助。

初戦では鍬原が完封し中大が勝利を収めたがこの日の鍬原は乱調。2回に連打、野選で1点を失いなおも無死満塁のピンチを招くとその後も安打、犠飛などで一挙4点を失ってしまう。この回で鍬原はマウンドを降り後続にマウンドを託すが日大打線に捕まり4回に6点、5回、6回にもそれぞれ1点を失い日大が12-1と大量リードで9回裏へ。

中大は11点のビハインドがある中でも最後の意地を見せ小野寺裕哉、飯嶌幹太、吉田叡生が放った3本の本塁打などで6点を奪い12-7まで追い上げる。しかし、その後は封じられ12-7で日大が勝利し2連勝で勝ち点1を獲得した。

ポスト山岡を目指す!東京ガス1年目の木村光彦【Players report】

こちらの記事も読まれています

新着記事