掲載日: 文章:Clipee運営局

ロッテは新人の佐々木千隼が好投し日ハムに連勝! 佐々木はプロ初勝利も…

4月6日に、ZOZOマリンスタジアムで開催された千葉ロッテマリーンズ対北海道日本ハムファイターズとの試合は、注目のルーキーである佐々木千隼がプロ初先発を果たし、味方の援護も受け、初勝利を上げた。

佐々木千隼はプロ初先発初勝利も…「自分のピッチングができなかった」

ロッテが佐々木、日ハムが斎藤の両先発で開始したこの試合、先制したのはロッテだった。
ロッテは2回、一死から鈴木がレフトへのヒットで出塁すると、二死二塁から井上が先制となるタイムリーヒットを放ち1点を奪った。

1点の先制を許した日ハムは3回、四球で出たランナーを西川がタイムリーヒットを放ちすぐさま同点に追いついた。

ルーキー佐々木を援護したいロッテは4回、井上が2打席連続となるタイムリーを放ち1点の勝ち越しに成功すると、6回には井上タイムリー、大嶺の犠飛で3点を追加した。
ロッテは6回から有吉・大谷・内・益田が1回ずつを投げ完封リレー。日ハムの攻撃陣にチャンスを与えず、5-1でロッテが連勝を飾った。

先発した佐々木千隼は、プロ初勝利も「ストレートが思うように投げられず四球が多かった。自分のボールが投げられなかった。」とコメントを残している。

ロッテ 鈴木の逆転2ランで今季初勝利!連敗4でストップ

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事