掲載日: 文章:Clipee運営局

広島は新井の決勝犠飛などで4連勝!中日は1分を挟み5連敗と泥沼スタート

4月6日、ナゴヤドームで開催された中日ドラゴンズと広島カープの第3戦は、広島投手陣が好投し3-1で広島が勝利した。

広島はタナ・キク・マルでチャンスを作り新井で決める

中日はバルデス、広島が大瀬良の両先発で開始したこの試合、多くのチャンスを作ったのは中日だった。
中日は、広島先発の大瀬良を攻め、初回を除き2~6回まで再三のチャンスを作るも、大瀬良の粘りのピッチングにより得点を奪えずにいた。

粘りの投球を援護したい広島は4回、先頭の田中がヒットで出塁し二死一二塁のチャンスを作ると、鈴木・エルドレッドが連続タイムリーを放ち3点を先制した。

先制を許し、大瀬良を切り崩せない中日は、7回からマウンドに上がった今村から大島がライトスタンドへ運ぶソロホームランを放ち、ようやく1点を奪うことに成功した。さらに中日は9回、大島の二塁打などで二死二塁のチャンスを作り、ゲレーロ・ビシエドが適時打を放ち土壇場で試合を振り出しに戻した。

延長に突入したしたは、11回、広島は一死満塁のチャンスを作り新井の犠牲フライなどで2点を勝ち越し、中日に勝利した。
中日は1分けを挟んで開幕5連敗となった。

広島 9回鈴木の適時打で同点!中日は連敗は阻止するも初勝利逃す

こちらの記事も読まれています

新着記事