掲載日: 文章:Clipee運営局

阪神・原口文仁がサヨナラ本塁打でヤクルトに勝利し3勝3敗のタイに戻す!

4月6日、京セラドーム大阪で行われた阪神タイガース対東京ヤクルトスワローズの一戦は4-4のまま延長戦にもつれ込んだ。両チーム決め手を欠いたものの11回裏に原口文仁のサヨナラ本塁打で阪神が5-4で勝利。

両チーム中継ぎ陣が踏ん張る

阪神は初回からヤクルト先発の館山昌平を攻め立て四球を挟み五連打で一挙に4点を奪い試合の主導権を握る。追いかけるヤクルトは2回表に谷内亮太の適時二塁打で1点を返す。両チーム得点が奪えず試合は中盤へと入っていく。ヤクルトは6回に大引啓次の適時打、山田哲人の適時二塁打で3点を返し4-4の同点とした。

その後は中継ぎ陣が踏ん張り試合は延長戦へと突入。迎えた延長11回裏阪神は原口がヤクルト6番手の杉浦稔大から本塁打を放ち5-4でサヨナラ勝ち。昨日に引き続き阪神が勝利し2連勝で3勝3敗の勝率5割とした。

ヤクルトは館山が崩れたものの原樹理、星知弥といった若手が踏ん張ったものの最後に杉浦が一発を浴び力尽きた。

阪神・糸井が決めた!決勝特大スリーランで連敗ストップ!

新着記事