掲載日: 文章:Clipee運営局

【DeNA】梶谷が決勝打を含む2安打2打点の活躍でDeNAが連敗脱出!

4月6日、横浜DeNAベイスターズは横浜スタジアムで読売ジャイアンツとの3回戦を行い、4-2で勝利し連敗を3でストップした。DeNAは7回にパットンがピンチを抑え、その裏に梶谷隆幸の決勝打で勝ち越した。

接戦を制して今季本拠地初勝利

先発のウィーランドが好投し、パットンがピンチを抑えて得たチャンスで梶谷がチームの期待に応えた。初回1死で迎えた打席では中前打を放ち、宮崎敏郎の左前打で先制のホームを踏んだ。同点に追いつかれた7回、2死満塁で迎えた第4打席。巨人の3番手・谷岡の4球目の直球を中前にはじき返した。走者を2人返し、これが決勝点。

今季からアレックス・ラミレス監督の元、二番打者を務める梶谷は「何も考えないで、監督にも思いっきりやってくれと言われているので、思いっきり行った」と、持ち味を活かした打撃に納得の表情だった。

DeNAはこれでヤクルト戦からの連敗を3でストップし、明日からの中日戦に向け名古屋に移動する。

巨人の連勝は5でストップ!DeNAのパットンは来日初勝利を飾る

キーワード

新着記事