掲載日: 文章:Clipee運営局

【巨人】阿部がセ界単独トップとなる4号2ランで存在感 「1球で仕留められたのがよかった」

4月6日、読売ジャイアンツは横浜スタジアムで横浜DeNAベイスターズとの3回戦を行い、2-4で敗戦した。開幕から5連勝と絶好調の巨人は阿部慎之助の4号2ランで一時同点としてが、中継ぎが踏ん張れず今季初黒星を喫した。

敗戦試合も…阿部がセ単独トップとなる4号2ランホームラン

2点ビハインドの6回、それまで好投を続けてきたDeNA先発のウィーランドを阿部のバットが打ち砕いた。それまでは左邪飛、左飛と抑えられていたが、2死一塁で迎えた第3打席では初球のチェンジアップを完璧にとらえた打球は左翼席に突き刺さる一打となった。8回の第4打席ではDeNA3番手の砂田毅樹から中前打を放ち、この日は4打数2安打2打点の活躍を見せた。

阿部は同点の一撃について「初球の変化球を1球で仕留められたのが良かったと思います」とコメントし、納得のホームランだったようだ。阿部のホームランで追いついた巨人だったが、中継ぎが崩れ、開幕からの連勝は5でストップした。

巨人 開幕5連勝!内海が初勝利&勝ち越し弾と投打で活躍

キーワード

新着記事