掲載日: 文章:Clipee運営局

【広島】今年も神ってる!?鈴木が2安打2打点で連夜の延長制す

4月6日、広島東洋カープはナゴヤドームで中日ドラゴンズとの3回戦を行い、5-3で勝利した。前日は延長12回を引き分けた中日を相手に今夜も延長戦となったが、延長11回に3連打などで2点を奪い、長い試合に決着を付けた。

鈴木誠也が先制の2点適時打を含む2安打の活躍

タナ・キク・マルこと田中広輔、菊池涼介、丸佳浩に注目が集まることが多いが、広島にはこの男がいることを忘れてはならない。第1打席は右飛に倒れていたが、4回2死一、二塁で迎えた第2打席、中日先発のバルデスの7球目の直球をとらえた打球は左翼への適時二塁打となり、先制の一打となった。7回の第3打席では先頭打者として左前打を放ち、チャンスメイクの起点となった。この日鈴木は5打数2安打2打点と活躍し、打率.345とした。昨季の大ブレイク、そして日本代表と経験を積んだ男が今年も見せてくれそうだ。

広島は延長11回、田中、菊池、丸の3連打に新井貴浩の犠飛などで勝ち越し、延長戦を制した。

広島は新井の決勝犠飛などで4連勝!中日は1分を挟み5連敗と泥沼スタート

キーワード

新着記事