掲載日: 文章:Clipee運営局

追悼試合で先頭打者本塁打!ディー・ゴードン【海の向こうの凄いやつ】

現役メジャーリーガーにおいて三本の指に入るであろう俊足選手のディー・ゴードン(マイアミ・マーリンズ)。

名前:ディー・ゴードン(Dee Gordon)
国籍:アメリカ
生年月日:1988年4月22日
守備:内野手
投打:右投左打
所属:ドジャース→マーリンズ
年俸:780万ドル(2017年)
2016年成績:79試合/打率.268/1本/14打点
通算成績:553試合/打率.289/9本/128打点
※2016年終了時点

2008年のドラフト4巡(全体127位)でロサンゼルス・ドジャースに指名されたゴードン。2011年にメジャーデビューを果たし56試合で24盗塁をマーク。デビュー当初から俊足を売りとしており、マーリンズに移籍後の2014年(64盗塁)、2015年(58盗塁)と2年連続で盗塁王を獲得。昨シーズンは3年連続での盗塁王に期待がかかっていた。しかし、シーズン途中に禁止薬物使用が発覚し80試合の出場停止処分を受けている。パワーヒッターではなくコンタクトヒッターで小柄なゴードンの禁止薬物使用は多くのファンが衝撃を受けた。

出場停止後は1番二塁で出場を続けていたゴードン。そのハイライトはホセ・フェルナンデスの追悼試合だ。マーリンズの若きエースであったフェルナンデスが不慮の事故で急逝。翌日の試合は中止となり一日おいて開催された追悼試合でゴードンは先頭打者として出場しシーズン第1号の本塁打を放ったのだ。シーズン唯一の本塁打がこの試合に生まれるのはやはり何かあるのだろう。

今シーズンもその快足ぶりを披露し2年ぶりの盗塁王獲得に期待がかかる。

新着記事