掲載日: 文章:Clipee運営局

広島ドラフト1位・加藤拓也が快投!9回1死まで無安打無得点!4-1でヤクルトに勝利

4月7日、マツダスタジアムで行われた広島東洋カープ対東京ヤクルトスワローズの一戦は広島のドラフト1位加藤拓也があわやノーヒットノーランの快投をみせ4-1で広島が勝利し引き分けを挟み5連勝。

バレンティンに初安打を許す

広島は初回、ヤクルト先発の石川雅規から新井貴浩の適時打で1点を先制すると3回には小窪哲也の2点適時打が飛び出し3点のリードを奪い試合を優位に進める。広島の先発加藤は2回、3回に連続四球を与えピンチを前句が後続を打ち取り無失点に抑える。その後も加藤はヤクルト打線を無安打で抑え試合は終盤へ。7回、8回と四球も出さず緊張感は高まっていく。8回裏に石原慶幸が犠飛を放ち待望の追加点を奪い4-0とし加藤は9回のマウンドへ。

9回1死を奪ったところで山田哲人に四球を与え1死一塁で迎えるはバレンティン。ここでバレンティンが意地を見せ左翼へ安打を放ち無安打無得点はならず。続く雄平に右前打を浴び1点を失ったところでマウンドを降り守護神の中崎翔太に後を託す。中崎は満塁のピンチを招くも無失点に抑え広島が勝利した。

【広島】今年も神ってる!?鈴木が2安打2打点で連夜の延長制す

新着記事