掲載日: 文章:Clipee運営局

巨人・中井が4年ぶりの一発に岡本和真も2打点!外国人投手リレーで阪神を下す

4月7日、甲子園球場で行われた阪神タイガース対読売ジャイアンツ(巨人)の一戦は巨人が阪神を5-3で下した。甲子園球場の開幕戦を阪神は白星で飾ることができなかった。

阿部は無安打でも周りが打つ!

1回表に巨人は阪神先発の岩貞祐太を攻め立て1死満塁のチャンスを作るとマギー、岡本和真の適時打で3点を先取。続く2回表には中井大介が4年ぶりの一発で1点を追加し4-0と試合を優位に進めていく。巨人の先発、マイコラスに苦しめられていた阪神は5回、併殺打の間に1点を返す。続く、6回には上本博紀、糸井嘉男、福留孝介の三連打などで2点をかえし3-4と1点差へと迫る。

しかし、巨人は7回に亀井義行が犠飛で1点を追加し5-3とリードは再び2点差に。8回はマシソン、9回にカミネロと両外国人投手が阪神打線を0点に抑え5-3で勝利した。

阿部慎之助に当たりが出なくとも周りでカバーし巨人は6勝1敗でガッチリ首位をキープ。

【巨人】阿部がセ界単独トップとなる4号2ランで存在感 「1球で仕留められたのがよかった」

新着記事