掲載日: 文章:Clipee運営局

中日が今シーズン初勝利!平田良介に適時三塁打も!DeNAは中継ぎ陣が誤算

4月7日、ナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズ対横浜DeNAベイスターズの一戦は7-5で中日がDeNAを下し引き分けを挟んだ連敗を5でストップさせ今シーズン初勝利をマークした。

ルーキー京田が2打点

中日先発の大野雄大は2回に1点を失い、3回にも梶谷隆幸に一発を浴びてしまい0-2とこの日もビハインドスタートとなった。しかし、3回裏にDeNA先発のクラインを攻め1死満塁のチャンスを作ると平田良介が走者一掃の適時三塁打を放つとルーキーの京田陽太が犠飛を放ち4-2と逆転に成功。

しかし、DeNAは4回、5回と田中博康、宮崎敏郎の適時打などで再び5-4とリードを奪う。追いかける中日は7回裏に1点を返し、なおも1死満塁で京田だ押し出し死球、続く藤井淳志も犠飛を放ち3点を奪い終盤に7-5と逆転に成功した。

最後は田島信二が締め今シーズン初セーブをマーク。開幕から1週間が経ちようやく中日の春が来た。

【中日】バルデスが6.1回1失点 自ら本塁打も7四死球でリズム作れず

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事