掲載日: 文章:Clipee運営局

【西武】菊池雄星が7回自責点2の好投も敗戦投手 内川に2本塁打被弾し「やってはいけない」

4月7日、埼玉西武ライオンズはメットライフドームで福岡ソフトバンクホークスとの1回戦を行い、2-4で敗戦した。西武の先発は開幕投手を務めた菊池雄星だったが、7回4失点(自責点2)で敗戦投手となった。

7回被安打5も内川聖一に2本塁打浴びる…

出だしは好調だった。今宮健太を空振り三振、川島慶三を遊ゴロ、柳田悠岐を空振り三振に仕留め三者凡退。しかし、2回の先頭打者、内川聖一に2球目のスライダーをとらえられ、左翼席への本塁打を許してしまう。そこから味方の失策も絡み3失点。そして1点差に迫った6回、またしても内川が立ちはだかる。1死走者なしで迎えると、またしてもスライダーを左翼席に運ばれた。

菊池は2本目の本塁打について「自分としてはいいコース、いい高さに投げたつもりでしたけど、あの展開では一番やってはいけない」と猛省しきりだった。7回を投げ4失点も自責点2、5安打4奪三振と決して悪い内容ではなかったが、勝てなかった自分を責めた。

中村剛也&メヒアの活躍で西武が勝利! 日ハムは大谷翔平の同点打も...

キーワード

新着記事