掲載日: 文章:Clipee運営局

佐々木千隼の恋女房だった男!大平達樹【Players report】

首都大学野球連盟の競合である東海大学を下し昨年の秋シーズンに優勝を果たした桜美林大学。その優勝はエースであった佐々木千隼(ロッテ)だけのものではない。一学年下でバッテリーを組んでいた大平達樹も大きく貢献していた。

氏名:大平達樹(おおひらたつき)
守備:捕手
投打:右投右打
所属:桜美林大学
出身:八王子シニア→桜美林高校

八王子シニアから桜美林高校へ進学した大平。1年時から捕手としてレギュラーを獲得したが高校時代に甲子園出場などの大きな実績はなく無名の存在だった。プロ志望届なども出さずに桜美林大学へと進学し3年春からレギュラーとなる。

レギュラーとなった昨年、佐々木とバッテリーを組み桜美林大学史上初となるリーグ戦制覇を果たし明治神宮大会でも準優勝に輝いた。そのリーグ戦では打率.333(39打数13安打)、2本塁打、9打点の活躍を見せベストナインにも輝いている。

佐々木のみが注目されていた昨年だったが今年は大平が最上級生となり注目される側となった。攻撃型捕手として
プロからも注目される存在になりつつある。打撃だけでなく守備でも定評があり二塁送球は2秒を切る1.9秒。177センチ、82キロと決して大きくはないが司令塔として攻守にわたりチームを連覇に導いていく。

新着記事