掲載日: 文章:Clipee運営局

鬱病から復帰しメジャーリーガーへ!エバン・ガティス【海の向こうの凄いやつ】

強打の捕手としてデビューし4年間で100本以上の本塁打を放ったヒューストン・アストロズのエバン・ガティス。

名前:エバン・ガティス(Evan Gattis)
国籍:アメリカ
生年月日:1986年8月18日
守備:捕手/外野手
投打:右投右打
所属:ブレーブス→アストロズ
年俸:520万ドル(2017年)
2016年成績:128試合/打率.251/32本/72打点
通算成績:494試合/打率.250/102本/277打点
※2016年終了時点

2010年のドラフト23巡(全体704位)でブレーブスから指名され入団。指名順位からわかるように大きな期待をかけられていたわけではなかった。

2013年にメジャーデビューを果たし4月、5月に月間最優秀新人を2ヶ月連続で獲得。年間を通じて捕手、左翼をメインに105試合に出場し打率.243ながら21本塁打を放ち新人王投票で7位に入った。以降、昨シーズンまで4年連続で20本塁打以上を放ち強打者として君臨している。昨シーズンはキャリアハイとなる32本塁打を放ち今シーズンも2年連続での活躍が期待される。

ガティスは成績面以上に苦労人として知られている。高校時代に強打者としてならしたものの大学時代に鬱病を発症しアルコールにむしばまれていた。しかし、弟がきっかけでふたたびバットを握ると4年のブランクがありながらも好成績をマーク。それがスカウトの目にとまりドラフト指名されたのだ。

新着記事