掲載日: 文章:Clipee運営局

【東京六大学野球】春季リーグ戦が開幕!明大が東大に6-2で勝利!明大・齊藤大将が開幕戦勝利、東大・宮台は5回に崩れる

4月8日、明治神宮球場で東京六大学野球2017春季リーグ戦が開幕した。あいにくの悪天候もあり開始が1時間遅れ開会式が11時15分から、第一戦の開始時刻は12時となった。その開幕戦となった「東京大学対明治大学」は6-2で明大が勝利し昨秋王者の貫禄を見せつけた。

明大が先行逃げ切り

試合は、東大・宮台康平、明大・齊藤大将とドラフト候補の先発で始まった。投手戦の様相で試合は進んだが先制点を奪ったのは明大だ。5回裏に2死満塁のチャンスを作ると押し出し四球で1点先制し、さらに逢澤崚介が適時二塁打を放ちさらに2点を追加し3-0。続く越智達矢が2点適時打を放ちこの回一挙5点を奪い5-0と試合を優位に進める。

東大は直後の6回表に主将の山田大成、田口耕蔵が適時打を放ち2-5と3点差に迫るがその裏に明大は1点を奪い6-2とリードを再び広げルことに成功。その後は両チームとも得点を奪うことができず明大が6-2で開幕戦を勝利で飾っている。

佐々木千隼の恋女房だった男!大平達樹【Players report】

キーワード

関連ニュース / コラム

こちらの記事も読まれています

新着記事