掲載日: 文章:Clipee運営局

【東京六大学野球】開幕2戦目は早大が法大に7-3で勝利!早大は2本塁打など打線爆発!法大は熊谷が122球熱投も及ばず!

4月8日、明治神宮野球場で東京六大学野球2017春季リーグ戦が開幕し、初日の第2試合のカード「早稲田大学対法政大学」の1回戦は7-3で早大が勝利し、見事に初戦を白星で飾った。

早大が2本塁打で法大投手陣を打ち崩す

法大の先発は今秋ドラフト候補にも挙げられる熊谷拓也、早大の先発は浦和学院でセンバツ甲子園大会で優勝投手に輝いたこともある小島和哉。両先発の投げ合いで始まった試合は2回を終えて両チーム無得点。しかし3回表、試合が動く。

早大の四番・加藤雅樹がソロ本塁打を放ち早大が1点を先制。4回にも犠飛で得点を挙るなど、4回を終えて2-1と早大がリード。3-1で迎えた8回には早大の三番・佐藤晋が2ランを放ち、法大を突き放す。

一方、法大は8回に小島を攻め立て1点を返し、なおも1死満塁で、早大の新人・早川隆久(木更津総合)から適時打を放ち6-3と迫る。しかし9回に突き放され、あと一歩及ばず7-3で敗れた。

【東京六大学野球】春季リーグ戦が開幕!明大が東大に6-2で勝利!明大・齊藤大将が開幕戦勝利、東大・宮台は5回に崩れる

こちらの記事も読まれています

新着記事