掲載日: 文章:Clipee運営局

【DeNA】ドラ9ルーキー・佐野恵太がプロ入り初安打初打点!満塁のチャンスで値千金同点打!

4月8日、横浜DeNAベイスターズはナゴヤドームで中日ドラゴンズとの2回戦を行い、延長12回の末1-1で引き分けに終わった。DeNAはドラフト9位ルーキーの佐野恵太が、プロ入り初安打初打点を挙げ、値千金の同点打を放つ活躍を見せた。

プロ入り7打席目で待望の初安打

待ちに待った初安打だった。1点ビハインドの7回、中日先発の若松駿太から1死満塁のチャンスを作り、アレックス・ラミレス監督は代打・佐野をコール。そして若松の3球目の高めの直球を叩いた打球は中前へ抜ける適時打となった。

春季キャンプから結果を残し、指揮官の高評価を得た。開幕から代打で出場を続け、ここまで6打席ノーヒットも2四球を選ぶなど、焦りはなかった。そして生まれた待望の一打について「追い込まれていたので、必死にくらいついていった」と笑顔だった。

ドラフト9位という下位指名でプロ入りしたが、チームにとって欠かせない戦力になりつつある。

人気球団となったDeNAがファーム経営新時代の鍵となるか – 2016年観客動員から考えるNPBファーム:11

新着記事