掲載日: 文章:Clipee運営局

ヤンキース・田中将大は5回3失点で初勝利ならず!

ヤンキース・田中将大は5回3失点で初勝利ならず!
photo by Gettyimages

現地時間4月8日、オリオール・パーク・アット・カムデン・ヤーズで行われたボルチモア・オリオールズ対ニューヨーク・ヤンキースの一戦で田中将大が今シーズン2試合目の先発登板を果たした。

終始不安定な苦しい投球

田中は初回1死から安打で出塁を許すが次打者を併殺打に打ち取り結果3人で抑える立ち上がりを見せる。直後に味方打線が2点を奪い2-0で迎えた2回裏は四球と安打で2死一、三塁のピンチを招くも8番のジョナサン・スクープを捕邪飛に打ち取り無失点に切り抜けた。しかし、4回に2死二塁からウェリントン・カスティーヨに適時打を浴び1点を返され2-1とリードは1点差に。

5回にはスターリン・カストロの適時打などで2点の援護をもらうが、その裏、マニー・マチャドの適時二塁打などで2点を失い4-3となり再びリードは1点差に。結局田中はこの回でマウンドを降り5回3失点(自責3)、被安打6、与四死球6、奪三振5(92球)の投球内容。勝ち投手の権利を持ってマウンドを降りたが、チームは逆転され白星を手にすることはできなかった。

ヤンキース開幕戦史上最短となるKOの田中将大「非常に悔しい」

こちらの記事も読まれています

新着記事