掲載日: 文章:Clipee運営局

新人王獲得から低迷も昨季復活!ウィル・マイヤーズ【海の向こうの凄いやつ】

ドラフト、そしてマイナー時代から超有望株として注目されていたサンディエゴ・パドレスのウィル・マイヤーズ。デビューから4年経った昨シーズンにようやく開花の兆しを見せている。

名前:ウィル・マイヤーズ(Wil Myers)
国籍:アメリカ
生年月日:1990年12月10日
守備:外野手/一塁手
投打:右投右打
所属:ロイヤルズ→レイズ→パドレス
年俸:450万ドル(2017年)
2016年成績:157試合/打率.259/28本/94打点
通算成績:392試合/打率.257/55本/211打点
※2016年終了時点

2009年のドラフト3巡目(全体91位)でロイヤルズに指名されたマイヤーズ。翌2010年からマイナーリーグで活躍を見せトッププロスペクトランキング(若手有望株)で上位に入る素材として注目を浴びていた。メジャーデビュー前の2012年オフにジェームス・シールズ、ウェイド・デービスとの交換で他数選手とともにロイヤルズからレイズへトレードされた。

ロイヤルズは有望株であったマイヤーズを放出したことによりファンから失望の声も上がったがデービス、シールズらの活躍で2014年、2015年とアメリカンリーグ連覇を果たしたことで溜飲を下げた。

マイヤーズはレイズに移籍した2013年にメジャーデビューを果たし88試合に出場。打率.293、13本、53打点の成績で新人王を獲得し以降の活躍も期待されていた。しかし、故障もあり成績を残すことができずパドレスへ移籍。昨シーズン、キャリアハイとなる157試合に出場、打率.259、28本塁打、94打点の成績を残しルーキーイヤー以来となる働きを見せた。

今シーズンも昨シーズン同様にパドレスの主軸としての活躍が期待される。

新着記事