掲載日: 文章:Clipee運営局

六大学開幕戦でさっそくデビュー!早川隆久【Players report】

昨年の甲子園において注目を浴びていた早川隆久。甲子園では連続ベスト8を達成するなどドラフト候補にもなっていた。

氏名:早川隆久(はやかわたかひさ)
守備:投手
投打:左投左打
所属:早稲田大学
出身:横芝中学(軟式)→木更津総合高校

千葉県の名門である木更津総合高校出身へ進学した早川はシニア、ボーイズ出身ではなく中学軟式野球出身だ。1年秋から背番号「10」でベンチ入りを果たし2年春の甲子園にも出場。2試合に先発登板したものの2回戦で敗退。

3年次は春、夏ともに甲子園へ背番号「1」で出場し全試合に先発登板し一人で投げ抜き、両大会ともベスト8に進出。夏の甲子園終了後のU-18アジア選手権大会日本代表にも選ばれ2回を投げ無失点のこう等を見せた。プロ志望届を提出すれば指名は確実視されていたが進学を表明。東京六大学野球の早稲田大学へと進学した。

六大学では開幕戦の法政大戦からエース・小島和哉の後を受け8回途中からマウンドに登り1.2回を無失点、被安打3、奪三振4の投球を見せ開幕戦勝利に貢献した。高橋広監督は即戦力として期待しており今後も登板機会は増えるだろう。

U-18日本代表のメンバーはほぼプロ入りを果たしており進学組はわずかしかいない。しかし、大学野球で力らをつけ4年後にプロの世界で再び勝負をするつもりだ。

【東京六大学野球】開幕2戦目は早大が法大に7-3で勝利!早大は2本塁打など打線爆発!法大は熊谷が122球熱投も及ばず!【東京六大学野球】開幕2戦目は早大が法大に7-3で勝利!早大は2本塁打など打線爆発!法大は熊谷が122球熱投も及ばず!

4月8日、明治神宮野球場で東京六大学野球2017春季リーグ戦が開幕し、初日の第2試合のカード「早稲田大学対法政大学」の1回戦は7-3で早大が勝利し、見事に初戦を白星で飾…

キーワード

新着記事