掲載日: 文章:Clipee運営局

レンジャーズ・ダルビッシュ有は6回1失点で負け投手に!

レンジャーズ・ダルビッシュ有は6回1失点で負け投手に!
photo by Gettyimages(ダルビッシュ有)

現地時間4月8日、グローブライフ・パーク・イン・アーリントンで行われたテキサス・レンジャーズ対オークランド・アスレチックスの一戦でレンジャーズのダルビッシュ有が開幕戦以来となる今シーズン2度目の先発登板を果たし6回1失点でマウンドを降りた。試合は、6-1でアスレチックスが勝利している。

QS達成も味方の援護無く・・・

ダルビッシュは初回、先頭のマーカス・セミエンにストレートの四球を与えるも後続を凡打に打ち取り無失点に抑える。2回以降も毎回走者を許すが要所を締め5回までアスレチックスを0点に抑える見事な投球。しかし、6回に四球、二塁打で無死二、三塁のピンチを招くと内野ゴロの間に1点を失い0-1。結局、ダルビッシュはこの回でマウンドを降り6回1失点(自責1)、被安打4、与四球3、奪三振5(97球)の投球内容。QS(クオリティスタート)を達成したものの味方の援護無く敗戦投手となった。

メジャー初の開幕投手! レンジャーズのダルビッシュ有が7回途中4失点で降板

新着記事