掲載日: 文章:Clipee運営局

【東京六大学野球】早稲田大が法政大に5-3で勝利!悪天候の中、柳澤一輝が8回3失点!

4月9日、明治神宮球場で東京六大学野球2017春季リーグ戦「法政大学対早稲田大学」2回戦が行われた。試合は途中2時間ほどの雨天による中断もあったが早大が5-3で法大を下し勝ち点を手にしている。

法大・中山翔太に一発も及ばず

雨が降る中で行われたこの試合は2回裏に早大が岸本朋也、八木健太郎の適時打で3点を先制し3-0と試合を優位に進める。法大は直後の3回表にボーク、4番・中山翔太の2点本塁打などで3点を奪いすぐさま同点に追いつく。しかし、3回に1点を奪い4-3と1点リードすると4回には再び八木が適時打を放ち5-3と再び2点のリード。その後は両チームとも決定打が奪えず試合は進み5-3で早大が昨日に引き続き勝利。開幕カードを2連勝とし勝ち点1を手に入れた。

今秋のドラフト候補でもある早大の柳澤一輝は悪条件の中で8回を投げ3失点とまずまずの投球を見せた。また、9回には1年生の早川隆久が昨日に引き続いての登板。連打を浴びたものの無失点に抑えて勝利をたぐり寄せた。

次週、早大が試合がなく法大は立教大と対戦となっており今季初勝利を目指すことになる。

六大学開幕戦でさっそくデビュー!早川隆久【Players report】

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事