掲載日: 文章:Clipee運営局

広島が引き分けを挟み7連勝!ヤクルトの失策を見逃さず7回に一挙5得点

4月9日、マツダスタジアムで行われた広島東洋カープ対東京ヤクルトスワローズの一戦は6-2で広島が勝利した。これで広島は引き分けを挟み7連勝と首位をキープし二連覇へ向けて開幕ダッシュに成功した。

ヤクルトは終盤のミスを見逃さず

広島は九里亜蓮、ヤクルトはロス・オーレンドルフの両先発で始まったこの試合、先制点を奪ったのは広島だった。3回裏1死から田中広輔から三塁打を放つと丸佳浩の適時打で1点を先制する。その後は両先発ともに失点を許さず試合は終盤へ。

ヤクルトは7回表2死から畠山和洋が安打で出塁すると中村悠平が四球で2死一、二塁。このチャンスにオーレンドルフ野代だ大松尚逸が適時二塁打を放ち2点を奪い2-1と逆転に成功。逃げ切り体制に入りたいヤクルトは7回裏にドラフト2位ルーキーの星知弥を投入。しかし、味方の失策が絡むなど4失点、代わったルーキも勢いを止めることはできず、この回5点を失い広島が6-2と4点のリード。8回、9回とヤクルトはチャンスを作るものの得点には至らず結局6-2で広島が勝利した。

広島が6連勝!2年目の岡田明丈が9回途中1失点でヤクルトを封じ込める!

新着記事