掲載日: 文章:Clipee運営局

開幕出遅れ組!これから活躍を期待できる選手達 【パリーグ編】

3月31日にプロ野球が開幕し各チームともに新戦力の台頭、誤算など様々な状況を抱えているだろう。しかし、低迷するチームにも上積みとなるはずの開幕で遅れ組がいるはずだ。今回は開幕一軍の実力がありながらも故障などで一軍入りを逃した選手を見ていこう。

未完の大器こと大田泰示は5月に一軍昇格か!?

吉川光夫、石川慎吾とのトレードで公文克彦とともに読売ジャイアンツから北海道日本ハムファイターズへと移籍してきた大田泰示。FAで巨人へ移籍した陽岱鋼の後釜として中堅のポジションに収まることが期待されていた。しかし、3月上旬に行われたオープン戦で左脇腹を痛め戦線離脱し別メニュー調整を行っている。現在、リハビリは進んでおり4月半ばから打撃練習を行い下旬には二軍で実戦復帰からの一軍昇格が青写真だ。栗山英樹監督に「なぜ、活躍できないのかがわからない」と言わしめた男の復活に期待がかかる。

ベテランの意地にかけて!吉村裕基は時を待つ

福岡ソフトバンクホークスの開幕戦で右翼を務めたのは期待の若手である上林誠知だった。チームは若手を育てるべくベテランの吉村裕基ではなく上林を一軍に抜擢。吉村は開幕一軍を逃し二軍での出場が続いている。二軍での成績は4月8日現在で7試合に出場し打率.150、1本塁打、3打点と波に乗ることはできず苦しい状況ではあるがどこかでベテランの力が必要になるときがくるはずだ。そのときまでに調子を上げしっかりと準備を進めておきたい。

新着記事