掲載日: 文章:Clipee運営局

マリナーズ・岩隈が6回1失点の好投も初勝利ならず!エンゼルスは9回裏に7点を奪いサヨナラ勝ち!

マリナーズ・岩隈が6回1失点の好投も初勝利ならず!エンゼルスは9回裏に7点を奪いサヨナラ勝ち!
photo by Gettyimages

現地時間4月9日、エンゼルスタジアムで行われたロサンゼルス・エンゼルス対シアトル・マリナーズの一戦でマリナーズの岩隈久志が今シーズン2試合目となる先発登板を果たした。

6回1失点89球と完璧な内容

岩隈は現地4月4日のヒューストン・アストロズ戦から中4日での登板。初回に1点の援護をもらい幸先のよいスタートとなった岩隈だが2回裏先頭のアンドレルトン・シモンズに本塁打を浴び同点に追いつかれてしまう。

しかし、3回、4回と四球による走者を出すものの無失点に抑えていく。6回にこの日2本目の安打を許したものの後続を打ち取り無失点。味方打線の大量援護もありこの回で岩隈はマウンドを降りた。

この日の岩隈は6回1失点(自責1)、被安打2、与四球3、奪三振2(89球)と文句のつけようがない投球を見せ、7-1とリードをしてたこともあり白星は間違いないと思われた。しかし、9-3と6点リードで迎えた9回裏にマリナーズ投手陣が大炎上。エンゼルスに7点を奪われ9-10とまさかのサヨナラ負け。岩隈の今シーズン初勝利はお預けとなった。

レンジャーズ・ダルビッシュ有は6回1失点で負け投手に!

こちらの記事も読まれています

新着記事