掲載日: 文章:Clipee運営局

アストロズ・青木は2打数ノーヒットもチームは押し出しでロイヤルズにサヨナラ勝ち!

アストロズ・青木は2打数ノーヒットもチームは押し出しでロイヤルズにサヨナラ勝ち!
photo by Gettyimages

現地時間4月9日にミニッツ・メイド・パークで行われたヒューストン・アストロズ対カンザスシティ・ロイヤルズの一戦でアストロズの青木宣親は9番左翼で先発出場を果たした。

チャンスで併殺、次の打席で代打を送られ交代

青木は3回先頭で回ってきた第一打席で投ゴロ。その後、5回裏1-2と1点ビハインドながら無死一、二塁と同点のチャンスで2打席目が回ってくる。しかし、1ボール1ストライクの3球目から放った打球は最悪の併殺打となりチャンスをつぶしてしまった。両チーム得点を加え3-3で迎えた7回裏の第3打席ではこの日スタメンを外れていたカルロス・ベルトランを代打に送られお役御免。この日の青木は2打数ノーヒットに終わっている。

試合は3-3のまま迎えた9回にロイヤルズが1点を奪い逃げ切り勝ちかと思われた。しかし、その裏の攻撃でアストロズは9番のケイク・マリスニックが同点本塁打を放ち4-4の同点で試合は延長戦へ。結局、12回裏にアストロズが押し出しで決勝点を奪い5-4でロイヤルズを下し勝利した。

アストロズ・青木はノーヒット!チームもロイヤルズに1-5で完敗

こちらの記事も読まれています

新着記事