掲載日: 文章:Clipee運営局

日大三が強豪・東海大菅生を4-3で撃破!プロ注目の櫻井周斗は8回途中3失点

4月10日、ダイワスタジアム八王子で行われた高校野球春季東京大会4回戦「日大三対東海大菅生」の一戦は4-3で日大三が春のセンバツ出場の貫禄を見せた。

準々決勝は鈴木誠也(広島)の母校・二松学舎大付属

春のセンバツで初戦に優勝した履正社(大阪)と対戦。8回まで5-5と互角の勝負を演じてたものの9回に7点を失い5-12で敗退した日大三校。この日は昨夏の甲子園予選西東京大会準決勝で敗れた東海大菅生と対戦した。日大三校は初回に1点を先制し2回にも3点を奪い4-0とリードを奪う。先発の櫻井周斗は8回2死までマウンドを守り東海大菅生を3失点(自責1)に抑え4-3と逃げ切り勝ち。ベスト8進出を決め準々決勝で二松学舎大付属と対戦することが確定した。

この日の櫻井は7.2回を投げ3失点(自責1)、被安打5、奪三振8の投球を見せ視察に訪れたプロのスカウト陣に対してアピールを行った。小倉全由監督は「1点差だしエースなら最後まで抑えないと」と厳しいコメントを残したが最後には「まぁ、勝ったので」と締め週末の準々決勝に向けて気持ちを入れ直していた。

制球力に磨きをかけ夏に期待!摺石達哉【Players report】

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事