掲載日: 文章:Clipee運営局

ジーター氏はイチロー、田澤純一の所属するマイアミ・マーリンズを買収できるのか?

イチロー、田澤純一が所属するマイアミ・マーリンズに身売りの噂が出ている。以前からアメリカでは話題に出てはいたが日本にまで大きく報道されたのは今回が初めてだ。それは、買収グループ先の一つに「ニューヨークの貴公子」と呼ばれ2014年に現役を引退した元ニューヨーク・ヤンキースのデレク・ジーター氏が名を連ねているからだろう。ジーター氏と言えば日本で言うところの長嶋茂雄のような存在に近いといえばわかりやすい。

現地報道によると、マーリンズの買収を検討しているのは3つのグループが判明しておりそのうちの投資グループの一つにジーター氏が含まれているという。また、それ以外には第43代アメリカ大統領ジョージ・W・ブッシュ元大統領の弟であるジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事も買収に乗り出している。

マーリンズの現在のオーナーであるジェフリー・ローリア氏は2002年にモントリオール・エクスポズのオーナーから鞍替えのような形でオーナーに就任。2003年にワールドシリーズ制覇を成し遂げ成果を上げたが、有力選手を集めてからファイヤーセールと呼ばれる大放出を行うことでファン、メディアからは嫌われる存在でもある。また、極度の年俸抑制を行うことでMLB機構、選手会から異例の年俸総額引き上げを要請された。

こちらの記事も読まれています

新着記事