掲載日: 文章:Clipee運営局

今年も強い広島が4月負けなしの8連勝!巨人は先発菅野が6回に崩れ逆転負け

4月11日、東京ドームで行われた広島東洋カープと読売ジャイアンツの1回戦は9-6で広島が逆転勝利を収めた。広島は6回まで3点リードを許していたが、一挙6得点で逆転。6回裏に同点に追いつかれるも、直後に3得点で突き放した。

広島は4月負けなし8連勝で貯金7!

投手が打たれたときは、打線が奮起する。投打が噛み合った、広島を象徴するような試合だった。

広島の先発は昨季最多勝に輝いた野村祐輔、対する巨人は野村と同い年で絶対的エースの菅野智之を立てた。野村は5回3失点で最低限の仕事を果たして降板も、降板後に菅野が打ち込まれ、負けが消える。

広島は3点を追う6回、代打の小窪の適時三塁打で同点に追いつくと、菊池涼介の適時打で勝ち越し、この日初めて4番に座った鈴木誠也のイニング2本目の安打で一挙6得点。同点に追いつかれた7回にも小窪の2ランなどで加点し、巨人を突き放した。

広島は引き分けを挟んで8連勝。2位巨人を倒し、首位をガッチリキープしている。

若い選手の成長を見守るカープ愛 – 2016年観客動員から考えるNPBファーム:12

新着記事