掲載日: 文章:Clipee運営局

【東都大学野球連盟】國學院大対専修大の一戦は両者譲らず5-5の引き分け!

4月12日、明治神宮球場で行われた東都大学野球連盟春季1部リーグ戦「國學院大対専修大」の一戦は連盟の規定により9回5-5の引き分けに終わった。

専修大学・和田が2ランホームラン

先手を奪ったのは専修大だった。初回から國學院大の先発でプロ注目の清水昇を攻め1死二、三塁のチャンスを作ると2年生ながら4番に座る平湯蒼藍が2点適時打を放ち2-0とリードする。

専修大の先発・高橋礼は2回まで0点に抑えるが3回表に山崎剛ら右翼スタンドへリーグ戦初本塁打となるソロを放ち1点差に詰め寄る。その裏に専修大は和田裕生が2点本塁打を放ち再び4-1とリードを広げる。

5回に両チームとも1点ずつ追加し、専修大が5-2とリードして迎えた7回表に國學院大は三連打と犠飛などで3点を奪うことに成功。終盤に5-5の同点へと追いついた。その後は両チームとも得点を奪うには至らず、約3時間の熱戦は連盟の規定により5-5の引き分けに終わっている。

【東都大学野球】プロ注目右腕対決は中央大・鍬原拓也に軍配! 昨春センバツ制覇の村上・納が大学デビュー

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事