掲載日: 文章:Clipee運営局

中日が・藤井の適時三塁打、亀沢のプロ初本塁打でヤクルトに勝利!三ツ間へプロ初勝利をプレゼント!

4月12日、神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズ対中日ドラゴンズの一戦は延長戦の末に5-2で中日が勝利した。

亀澤恭平がプロ初本塁打

ヤクルト先発の山中浩史は2回に2本の適時打を浴び2点を失うが、その後はピンチを招くことなく7回を投げきりリリーフ陣にマウンドを託す。

中日先発のバルデスは5回2死までパーフェクト投球を見せるが7回に二死満塁のピンチを招くと代打の西田明央を打ち取ったはずのあたりを一塁のビシエドが落球。2-2の同点に追いつかれてしまう。

延長10回表先頭の京田陽太が内野安打で出塁すると犠打で走者を進めると代打藤井淳志が右中間へ適時三塁打を放ち1点を勝ち越し。その後、亀澤恭平がプロ初本塁打を放ち2点を追加。5-2とリードを3点に。守護神田島慎二がその裏を3人で抑え中日が勝利。2番手の三ツ間卓也が嬉しいプロ初勝利。

ヤクルトは山中の粘投が報われずこれで6連敗となった。

【中日 速報】 亀澤が2点本塁打で中日リードを3点に!

こちらの記事も読まれています

新着記事