掲載日: 文章:Clipee運営局

日ハムが連敗脱出! レアードの勝ち越し2ランで試合を決める

4月12日、札幌ドームで開催された北海道日本ハムファイターズ対福岡ソフトバンクホークスの第2戦は、戦線をモノにした日ハムがソフトバンクに勝利し連敗を6でストップした。

ソフトバンクは11安打を放つも…柳田が3打点と奮起

日ハムが加藤貴之、ソフトバンクが武田の両先発で開始したこの試合、初回から両チームが点を奪う形で始まった。
ソフトバンクは1回、先頭の今宮が二塁打で出塁すると、川島が送りバントで一死三塁のチャンスを作り、柳田がライトへの先制となる犠牲フライを放ち1点を奪った。
先制を許した日ハムは、制球の定まらない武田を攻め、一死満塁のチャンスを作ると、田中賢介が押し出しとなる四球を選びすぐさま同点に追いついた。

ソフトバンクは3回に二死二塁から柳田がセンターへのタイムリーヒットを放ち1点を勝ち越すも、5回に近藤の同点タイムリー・レアードの2ランホームランで3点を奪われ4-2と試合を引っくり返された。

追いつきたいソフトバンクは8回に柳田の右中間へのソロホームランで1点を返すも、反撃はここまで。
接戦に勝利した日ハムが連敗を6でストップした。

【日本ハム】中田翔が2打数無安打で交代 右脚付け根付近の痛みで日本ハムに暗雲…

こちらの記事も読まれています

新着記事